旬のもの、覚え書き。    おもに、音楽のこととか。    瀕死寸前ですが       たまに更新します。


by mami_1013
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:movie( 14 )

d0022184_045229.jpg
今日、DVDがリリースされました。待望です!
なんとか観れてはいたんだけど、残念ながら劇場では観れなかったのがいまだに悔やまれます。。。

通常盤と2枚組のコレクターズ・エディションがあるのだけど、画像はコレクターズの方です。
おまけがいっぱいです。おなかがいっぱいです。
通常盤にも特典映像として、インタビューと未公開映像が。
ガエルの真面目なインタビュー、彼は英語で喋るんだけど日本のファンに向けてのメッセージの際は母国語であるポルトガル語(だと思う)で喋ってます。そういうとこ、好きだなぁ~。
未公開映像は結構笑えました。なんでボツにしたのか・・・

そして2枚目の特典DISCに、撮影風景を記録した長編ドキュメンタリーが120分も!!当時ゲバラと一緒に旅をした現在82歳になるアルベルト・グラナード本人が、映画の撮影クルーと共に6ヶ月間にわたる旅をした、もう一つの知られざる物語を収録。
こちらはまだ観てないけどきっと良いはず!
その他の特典など詳細はこちら

本編自体、ゲバラを知らなくともただ旅をするだけのストーリーでも、
その奥行きの深さと、景色・映像の素晴らしさと、ガエル・ガルシア・ベルナルの魅力で観れてしまう、ほんとに素敵な映画。もちろん、それだけじゃないけれど。旅をするなかで得るものやたくさんの人間関係、社会的問題・・・などふむふむ、というのもあります。
けどまぁ“ロード・ムービー”ということで、力抜いてぼぅーーっとしながら観れます。

d0022184_1183513.jpgそれからそれから!音楽がとても良かったりします。
あたしはもともとラテン音楽って好きなので、たまらんです。
このサントラ、ラテン初心者にとてもオススメな一枚!です!

時間さえあれば家でゆっくりDVDを鑑賞したいのだけど、ここのところ忙しくて買っても観てないDVDがわんさか・・・CDも同じく。でもCDだと通勤途中にウォークマンで聴いたり、今も聴きながらこれ書いてるし。
もとは映画ってあまり観ない子だったし、テレビでさえ普段全くと言っていいほど観ないので、「映像を見る」ということには結構な体力、労力が必要だったり。。。
時間が欲しいよう。
[PR]
by mami_1013 | 2005-05-26 21:32 | movie
ペドロ・アルモドバル監督の「バッド・エデュケーション」を観てきました。
アルモドバルの作品は初めてだったんだけど、「トーク・トゥ・ハー」や「オール・アバウト・マイ・マザー」など良いうわさをちらほら聞いていたので楽しみにしてました。
いや、ほんとの楽しみは、大好きなガエル・ガルシア・ベルナルが出演しているところだったり(笑)

d0022184_22243631.jpgなんだけど・ ・  ・
あんまり面白くなかったのです(哀)というかう~ん、全然・・・。
「ブエノスアイレスの夜」のときもあんまりおもしろくなくて、でもあれはガエルがかっこよかったので最後まで観れました。
けど、今回はガエルがかっこよくなーーーーいっ(号泣)
ショックでした、とほほです。

★これまでに観たガエル出演作品★d0022184_22394850.jpg
 「モーターサイクル・ダイアリーズ」
 「アモーレス・ぺロス」
 「ブエノスアイレスの夜」
 「天国の口、終わりの楽園」
 「ドット・ジ・アイ」
 「バッド・エデュケーション」

この中でワースト1でした、「バッド~」は・・・
いやでも、やっぱり好きです、好きなんです。
映画自体のことも、あくまでもあたしの個人的な感想ですから。。。

現在彼は、なんとミシェル・ゴンドリー監督映画に出演が決まっています。
とても興味ぶかいものが。
けれど、もう過剰な期待はやめておこう・・・うん。
[PR]
by mami_1013 | 2005-05-06 22:41 | movie
モーターサイクル・ダイアリーズなどのガエル・ガルシア・ベルナル主演の、「dot the i」。
やっと観れました。d0022184_128284.jpg
レストランで出会いキスをすることになったカルメンとキット(ガエル)。その一瞬で互いにアイを感じた二人と、カルメンの婚約者バーナビーとで三角関係が始まる。誤解やこれまでの日常、生活の変化への不安などでカルメンとキットは関係は思うようにうまくいかない。結局カルメンはバーナビーと結婚するが、キットへの思いを再確認し家を飛び出し彼のもとへ。しかしそこでも誤解が生まれ家に戻ったカルメンだが入れてもらえず途方にくれている間に、バーナビーは自殺してしまう・・・
と、まあここまではとくに珍しくもない、恋愛映画です。が、ここからがすごい。観る前は知らなかったんだけど、これはサスペンスだったのですね。二転、三転します。「なるほど~」と思わず唸りました。予想を遥かに超える展開なんじゃないかと。とても面白いです。
こないだDVDが発売されました。レンタルもしてます。

しかしここのところガエルにとりこなあたしはつい、映画全体よりも彼のことばかり観てしまいました。ほんとにかっこいい。。。めろめろです、はい。ガエルのボックスなんぞ出たら欲しいなぁ。容姿はもちろんなのですが、雰囲気、演技ともにとても魅力のあるひとです。
少し前に観た「ブエノスアイレスの夜」なんて、内容はイマイチ(あたしはね)だったけど彼が素敵すぎて全部見れましたくらいです。

次は「バッド・エデュケーション」!
[PR]
by mami_1013 | 2005-04-19 01:12 | movie

コーラス LES CHORISTES

d0022184_0483154.jpg予告だけで泣いてしまいそうになったコーラスを観に行く。
ジェラール・ジュニョ演じるマチューの愛に溢れたキャラクターと、無邪気で純粋なこどもたちに夢中になり、あっという間に終わった気がした。率直な感想を言うと、めちゃくちゃ良かったです!ほろっ。。。としました。

どうも頼りなく見えてしまうさえない感じのマチュー先生。とても意志が強く、それこそ「無償の愛」というやつをこどもたちに与え、それに応えていくこどもたちがまた愛くるしくて。誰からも愛されるマチュー、とても素敵な大人でした。あんな先生いたっけな~??とふと小・中学生時代を思い返してました。
うん。これはあまりストーリーとか言わない方がいいのかな。なにも知らないで観に行った方が、感動が大きい気がする。ので触れないでおきます。

ひとつだけ。。。ピエール役のジャン=バティスト・モニエ君!映画の中での美声は彼自身が歌ったものだとは知っていたんだけど、それもそのはず彼は実際に合唱団のソリストなのですね。彼以外は録音されたものらしく、彼の所属する合唱団が歌っているとのこと。
しかしこのことが随分話題になってますが、見どころは歌だけじゃないんです。ラブ・ストーリーでもなければヒューマン・ドラマでもない、けれどとても愛を感じる映画です。
もう一回観たいな~。
[PR]
by mami_1013 | 2005-04-15 01:17 | movie