旬のもの、覚え書き。    おもに、音楽のこととか。    瀕死寸前ですが       たまに更新します。


by mami_1013
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:movie( 14 )

■『TOKYO!』

d0022184_9341553.jpgという映画が観たい。とっても。
もう、サイトを見てください。ここで説明することは、ないです。テーマも、監督(ミシェル・ゴンドリー他)も、キャスト(香川照之、加瀬亮他)も、音楽(HASYMO)も、言うことなし。
晩夏、世界先行で東京から公開スタートだそうですが、広島にはいつ来るやら。。。

映画、まったくみれてません。それどころか、世間では何が上映・撮影されてるのか、情報収集すら。引っ越してから、街にいたときと比べてなかなか気軽に映画館にも行けなくなった。レンタル・ショップすら、遠い。こんなことなら、
近くに居るときにもっともっと観ておくべきだったなー。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

以下、ひさしぶりに情報収集して気になったもの、メモ。

■『奇跡のシンフォニー』  上映中
■『ラフマニノフ ある愛の調べ』  7月26日(土)~ サロンシネマ
■『歩いても 歩いても』  7月19日(土)~ シネツイン新天地
■『ぼくの大切なともだち』  広島公開未定

「歩いても~」や「ぼくの大切な~」は、ほろっとしそうな。ヒューマンドラマには、とんと弱い。
あと、「下妻物語」などの中島哲也監督が新しいの撮ってるとかナントカ。。
ブランクがありすぎて、まだまだ情報収集しきれません。
何も知らないまま、すでに上映終了してしまってるのもたくさんあるんだろうな。

ラフマニノフで思い出したけど、作曲家の物語といえば「敬愛なるベートーヴェン」もすごく気になっていたのに未見。DVD借りて観ようかなぁー。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

余談だけど、クラシック作曲家のなかではバッハがダントツで好きです。
バッハ関連の映画ってないのかなー?と思い調べてみました。
このラフマニノフやベートーヴェンのような、自身を描いたものは見当たらなかったけど
言うまでもなく、あらゆる作品の劇中で、数々名曲が使われています。

d0022184_822156.jpgそのなかで気になったのが、ヤン・シュヴァンクマイエル「J.S.バッハ-G線上の幻想」という作品。作品の内容が詳しく書かれたものがあまりないのだけど、とあるレビューで

「バッハの調べにのって壁や窓が蠢き出す。不思議で幻想的な作品。
なるほど!ヤンにはクラッシックがこういう風に聴こえるのか。」
  と。

ヒジョーに興味深いではないですか!!しかも、この様子だと「G線上のアリア」が主に使われてるのかなぁ??彼の作品は、以前から気になっていたのに結局まだひとつも観れていません。まぁとても個性的なので観てみないと、好みかどうかはわからないけど。。。でも、観てみる機会ができました。「ジャバウォッキー / その他の短編」という短編集に収録。

で、なんやらかんやらで調べてたらスゴイもの発見。ヤン・シュヴァンクマイエル コンプリート・ボックス。今年3月に、1000セット限定でリリースされていたもよう。きっともう完売だろうなー。10枚組みで¥35000ナリ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

d0022184_919038.jpgさらに余談、映画からは外れてバッハ寄りのネタになりますが。
イギリス(だったと思う)の、弦楽(ヴィオール)六重奏集団fretwork(フレットワーク) が、ものすごく好きです。(ちなみに、クラシックはオケよりも、弦楽や木管楽器の重奏、無伴奏が好きなんです。)
彼らの作品でいくつかバッハのものがあるんですが、中でもPassacagliaという作品集が、とても素晴らしい。試聴できるので、ぜひに。1曲目から、息を呑みます。このアルバムに限っては、ジャケもとても良いです。


いろーんな音楽が好きだけど、このアルバムを聴いた回数はダントツ。自分の結婚式ではすべての音楽をセレクトしたんだけど、チャペルでの挙式中、このアルバムからも数曲選びました。
思い出の、一枚。出会えたことがほんとうに嬉しい、一枚。無人島とか、墓場とか、持って行くなら?みたいなのには絶対挙げる。
[PR]
by mami_1013 | 2008-07-04 08:52 | movie
d0022184_20512660.jpg
今年初のライブに続き、金曜日には今年初の映画館に行ってきました。
前々から気になっていた、「リトル・ミス・サンシャイン」
「見逃しそうだー」と、一週間前に上映スケジュールを確認すると、最終日であるこの日しか行ける時がなくって間一髪!ふぅ~アブナイアブナイ。。

当の映画はというと、すっごく良かったです!
家族の人間関係というものが絶妙に描かれていて、それは決してすべてが美しいわけではないのだけど、黄色いバスでの旅をしていくうちに変わっていく人の心(特にお父さん!)がほのぼのしていて素敵でした。
節々笑えるところがあって、爆笑するほどではないのだろうけど、あたしにはひどくツボで終始ケタケタ笑ってました。
そして改めて、「あたしは色使いの綺麗な映画が好きだ」と思いました。好みの問題でもあるけれど。

予告やフライヤーを見て、色使いや雰囲気だけで「見たいな~」と気になっていたのがほんとにすごく良い作品だったので、これからパンフレットを読んで勉強(復習)しようと思います☆
監督さえ誰なのかちゃんと知らずに観たんだから。お母さんが、「イン・ハー・シューズ」のトニ・コレットだ!というのだけわかりました♪
サントラも、気になります。


さてさて、公開決定しているもので気になる映画メモ。

■「ゆれる」 ~1月26日(金) サロンシネマ  *アンコール上映
  もう一度観たいです。
■「フラガール」 1月13日(土)~1月26日(金) サロンシネマ  *アンコール上映
  観そびれたので。。。
■「ニュー・シネマ・パラダイス(完全版) 1月13日(土)~1月19日(金) サロンシネマ *800円均一シリーズ
  DVDが家にあるんですけど、まだ観たことがないです。
■「イカとクジラ」 1月13日(土)~1月26日(金) シネツイン1
  「リトル~」のときに予告見ました。「ウェス・アンダーソン×ウディ・アレン!」と大絶賛だそうです☆
■「ある子供」 1月20日(土)~26日(金)まで サロンシネマ *800円シリーズ
  2005年度カンヌのパルムドール作品
■「それでもボクはやってない」 1月20日(土)~ 
■「マリー・アントワネット」 1月20日(土)~ 

Cinema Guide Hiroshima

去年はあまり映画を観れなかったので、今年はたくさん良い映画を観れたらなぁ~と思います♪
[PR]
by mami_1013 | 2007-01-14 15:43 | movie

みんなに愛されて

さっき、地元の映画館のHPを見て知りました。
素晴らしい映画が2本、アンコール上映されるそうです。

d0022184_21424945.jpg「かもめ食堂」
 11月18日(土)~12月1日(金) シネツイン1





d0022184_2143610.jpg「ゆれる」
 12月23日(土)~ シネツイン1





どたばたの中、なんとか2本とも見れました。

どちらも、とても素敵な映画でした。特に、我が広島出身の西川美和監督の「ゆれる」は、これまで見てきた邦画(数は少ないですが・・・)のなかで、ダントツ素晴らしく、好きな映画でした。まだ若い監督さんですが、完璧さをすごく感じました。うん、すごかった。キャストも。

「かもめ食堂」は、ほんわかあったか。あたしの北欧好きが、さらに拍車かかりました!!絶妙な人間関係、ひとの心の動きがとてもよかったです。あと、色がとても素敵でした♪

「かもめ食堂」はDVDを購入したのでいいかな。「ゆれる」は、ぜひもう一度観たい。
広島近辺のかたで観そびれた、という方!ぜひぜひ見に行ってみてください☆

最近のは、ちょっと、勉強不足。全然わからないですーー・・・
[PR]
by mami_1013 | 2006-10-16 21:51 | movie
d0022184_221481.jpgいまだにキョーレツに記憶が脳裏に残っているチャリチョコ!
先日、初回限定2枚組みのほうを買いました。まだ観れてないんだけど、特典ディスクがおもしろそう!!ジャケもかわいいです。この2枚組のが¥3,990で1枚組のが¥2,980。いずれも期間限定ですがなかなかオトク。

全世界で日本だけ、あの金のチケットが5枚入っているらしいんだけど、あたしのには入ってなかったです・・・。なんだか入ってそうな気がしたのだよ。(そんな自信、どっから出てくるのか)開けるときはこの上ないくらいにわくわくしてたのにな。残念。
[PR]
by mami_1013 | 2006-02-08 02:31 | movie
d0022184_16413819.jpgジョニー・デップの映画は、実は「パイレーツ・オブ・カリビアン」と「ネバーランド」しか観たことがないのですが、間違いなく今作が一番ハマり役なのでは!?このひとはほんとうに仮面役者です。同じひとだとは思えない。
常識外れのストーリー・台詞のなかのふしぶしに感じとれる彼のアドリブらしき(じゃないかと思う)言動・行動が可笑しくて可笑しくて、けたけた笑ってました。

それから色使いがまたすごい。ああいう感じは日本人にはできないだろうなぁ。そのうえあの工場の中ってCGなのかと思っていたら、セットなのですね。間近で見て触りたい。

極めつけはやはりウンパルンパですね。大爆笑!もういちいち可笑しかった!だっていちいち違う表情・動きをしとるんじゃもん!「ありえなーーーーーい!!!」て感じ(笑)
あたしが観にいったときがたまたまだったのか、誰も笑ってなかったような。。。すごく静かだったので声を殺して笑ってました。「クックックッ」と。
こりゃティム・バートンに完敗です。

ウィリー・ウォンカが誰それに似てるだとか、ウンパルンパはあのひとに似てるだとかよく聞いていましたが、あたしはウンパルンパが荒井注に見えて仕方なかったです。


オフィシャル
[PR]
by mami_1013 | 2005-11-27 16:57 | movie
d0022184_1481812.jpg明日は、ジム・ジャームッシュ最新作「コーヒー&シガレッツ」のDVDがリリースされます。
地元広島での公開はずいぶん遅かったので、ついこないだ観たような気がしますが、早くもう一度観たくてうずうずしてました!
今から思い出し笑いが出ていけません・・・ププッ
もちろん、笑いだけじゃありません。
映像、音楽もやっぱりスゴイのです。

以前に書いた感想です
[PR]
by mami_1013 | 2005-09-08 01:54 | movie

ノミ・ソング

d0022184_1572131.jpg昨日、地元で公開中の「ノミ・ソング」を観てきました。
平日のレイト・ショーだからか、客はあたしたち(二人)を含めて7、8人だったか。とは言え隣でやってた「ヒトラー」にはわんさか行列ができるほど入ってるのを見ると、やっぱりこれを観るってのはなかなか特異なんではないかとちょっとソワソワしました(苦笑)

あまりよく知らない人についてのドキュメンタリーだというのに、最後までしっかり観れたと思う。彼のことは、80sのNWシーンで騒がれていたこと、デヴィッド・ボウイと共演したこと、エイズで亡くなったこと くらいしか知らなかったので。あとはとにかくキョーレツな容姿だということ。
っていうか、それしかないよね。
初めてノミを見たとき(CDのジャケで)、笑いが止まらなかったな~。ぷくくっ(失礼?でもないか)
映画の内容については、終始シリアスで笑うところなどなく、でも動くノミを初めて見てますます可笑しくて、こんなに可笑しいのに笑えない内容。うむ。ヘンな葛藤をしてました。

d0022184_2221967.jpgしかし彼の歌、ステージすごいですね。
オペラの方にびっくり、ちょっと感動。
だからと言ってCD買おうとは思わないけど。

パンフレットがまた一面顔、しかも形まで。
こちらは思わず買ってしまいました。
[PR]
by mami_1013 | 2005-09-03 02:25 | movie

コーヒー&シガレッツ

d0022184_20501172.jpgd0022184_20503716.jpg









ジム・ジャームッシュ監督さまの最新作。
とはいっても、彼が10年以上もの間撮りためていたという11本のショート・フィルム集。
退屈で寝てしまう可能性大かしら、と思ってあまり気合い入れずに気楽な感じで観にゆきました。
そしたら想像以上におもしろくって、結構笑いましたねぇ。
個人的には、

  ☆STRANGE TO MEET YOU  ロベルト・ベリーニ+スティーヴン・ライト
  ★SOMEWHERE IN CALIFORNIA  イギー・ポップ+トム・ウェイツ
  ☆DELIRIUM  GZA+RZA+ビル・マーレイ

が面白かった!次点は COUSINS?  アルフレッド・モリーナ+シティーヴ・クーガン ですかね。
最近ビル・マーレイづいてます。「ロスト・イン・トランスレーション」「ライフ・アクアティック」に続いて今作。あの人ほんっとに可笑しい!あたしの笑いのツボにどんぴしゃです。
あっという間で、物足りないくらいでした。これは続編もやってくれたらな~。。。

あと、エンドロールのときのイギーがめちゃくちゃかっこよくて、あのせいで映画の余韻もぐっと深くなった気がします。

7.22(金)までサロンシネマにて公開中。


彼の作品は、色や音、雰囲気すべてのトーンが低くローファイなところがいいですね。
そしていつもテーマ、コンセプトがおもしろい。
とは言ってみるものの、彼の作品を数多くは観ていませぬ。。(ごめんなさい)
ジム・ジャームッシュ作品集 DVD-BOX 1989-1999(通称“ジム・ジャーBOX”←こう言ってるのはあたしだけ)があるのだけどそれすら全部観れてないので、ゆっくり観るとします。
気が向いたときにでも。

コーヒー&シガレッツ オフィシャル
[PR]
by mami_1013 | 2005-07-18 19:30 | movie

ライフ・アクアティック

あれもしたい、これもしたい!で時間がなくって困ってます。
今日はその中でも期限の迫ってるものを二本立てで。

兼ねてから観たかった「ライフ・アクアティック」と、「ベラルド・コレクション 流行するポップ・アート展」に行ってきました!


d0022184_2552454.jpg◆映画/ライフ・アクアティック

まさにこれこそポップな印象。
始まってすぐ、「やばい、おもしろくないかもしれん・・・」と不安になりつつ
音楽のかっこよさにしびれてました。
セウ・ジョルジは以前から知っていたけど、歌っている姿を見るとますますかっこよいです。
途中なんだか悔しいような気をしながらも(なぜかに)、何度もクスクス笑いました。
ラストは意外にも感動して涙がぽろり出そうでしたが、これは泣く映画と違うかな!?と思いぐっと堪えてました(笑)
賛否両論あるようですがあたしは、好きです。


そしてそのあと21:30から、休日出勤してミーティングに参加したのでした・・・とほほ。
[PR]
by mami_1013 | 2005-07-09 03:03 | movie

プリティ・ウーマン

d0022184_0501220.jpg恥ずかしながら、初めて観ました。
ジュリア・ロバーツが非常に可愛いですね。
彼女と、洋服・ファッションばかり見てしまいました。
内容はとても面白かったんだけど、最後が普通だったのが残念・・・
もっとすごい感動があるのかと思ってたなぁ。
でも、今更ながら観てよかったです。

このジャケを見て思い出したんだけど、たしかこの写真って合成だったような。。。(うるおぼえ)
二人の身長とスタイルを完璧にすべく、顔から下のボディはモデルを使ったとかなんとか・・・
映画の中もかな?
[PR]
by mami_1013 | 2005-06-14 01:02 | movie