旬のもの、覚え書き。    おもに、音楽のこととか。    瀕死寸前ですが       たまに更新します。


by mami_1013
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

HELP:A Day In The Life

d0022184_0153134.jpg10年前話題を呼んだWar Childチャリティーアルバム「HELP」。
2002年の「1 LOVE」、2003年の「HOPE」に引き続き、最新作、「HELP:A Day In The Life」が先ごろリリースされました。

今回の目玉はなんといっても、ニューアルバムのレコーディングに取りかかったばかりのRADIOHEADの新曲。
らしいです。うむ、確かに。
その他の参加アーティストは、マニックスやCOLDPLAYなどベテランから、BLOC PARTY、HARD-Fiなどといった話題の新人まで。
ほとんどのアーティストが新曲orカバー曲ということで未発表音源ばかり。

RADIOHEADの新曲は言うまでもなく。
COLDPLAYも素晴らしいのだけど、いかにもCOLDPLAYらしくて印象は薄 でした。
大好きなTHE GO!TEAMのはなんだか物足りないかんじ。
他のんがもっとすごかったりします。(あくまでも個人的)
Keane & Faultlineの「Goodbye Yellow Brick Road」がすごく感動的!
エルトン・ジョンがどうした!?というほど素晴らしいです。
BLURにもGorillazにもあまり興味のないあたしだけど、Gorillazのんはやばいです。
というかほぼデーモンのソロという感じだけど。
そして一番意外HARD-Fi。近頃のUKロックシーンにはついていけず(というか良さが全くわからない)、彼らも同じくでスルーしかけてたんだけど、驚きました。
こういうのもできるんだ~と。
他もすごく良いです。(もちろんRADIOHEADも、COLDPLAYも)
たった一日で制作、ネット販売をしたとは到底思えない。

チャリティーがどうとかこうとか、話題のメンツだとか、そういうの関係なくして素晴らしいアルバムだと思います。無になれる作品。
[PR]
by mami_1013 | 2005-10-05 02:26 | music